医学教育研究者・総合診療医のブログ

医学教育、総合診療について気ままに綴ります。

Biases towards different patients groups. How do they differ during medical education? (Patient Educ Couns 2023)

Spatoula V, Panagopoulou E. Biases towards different patients groups. How do they differ during medical education? Patient Educ Couns. 2023 Apr 11;112:107747. Epub ahead of print.

背景:本横断研究は、年齢、性別、性的指向に対する偏見が、卒前医学教育の年数でどのように異なるかを評価する初めての試みであった。

方法:1年次、3年次、6年次の医学生600人が研究に参加した。3つの質問紙を使用した: The Ambivalent Sexism Inventory scale (ASI), the Fraboni Scale of Ageism (FSA) and the Homophobia scale (HSc)。

結果:年齢差別と同性愛嫌悪の合計得点において、3群間で統計的に有意な差が見られた。最終年の学生は、1年生よりも、より多くの年齢差別的な偏見と、より多くの同性愛嫌悪的な偏見を報告していた。

結論:この結果は、医学生における偏見を軽減・対処・緩和するための教育の必要性を示すものである。偏見は、教育が進んでいる学生ほど高まるという知見は、さらなる調査が必要である。これは、医学教育プロセスそのものによる変化なのかどうか、特に注意を払う必要がある。医学教育では、最新のカリキュラムとデザインされた介入策によって、学生に多様性と受容性について教えるべきである。